元ネタ

→あ行~な行

アイスクライマー
  • CHAPTER2の裁判で隠れている場所にドリンクの入っている冷蔵庫を選択した時のセリフ「アイスの山のクライマーしちゃうの? 2P対戦するとケンカになるよね。」
    • 任天堂から発売された、雪山の山頂へ登るアクションゲーム。2人プレイでは、協力して山を登る他に相手を邪魔して対戦ゲームとして遊ぶこともできる。

アヴリル・ラヴィーン
  • ネタバレ注意(CHAPTER1裁判の花村のセリフ、「あびりるらびーん!!」
    • カナダ出身の女性シンガーソングライター。アルバムが全世界3000万枚を達成するなど世界的に活躍している。

アカギ ~闇に降り立った天才~
  • 田中のセリフ「自ら罠に飛び込むなど狂気の沙汰だが…フハハハッ!だからこそ面白いッ!!」
    • 福本伸行作の麻雀ギャンブル漫画。ロシアンルーレットが行われた際の「狂気の沙汰ほど面白い・・・ッ!」というセリフが有名。

朝まで生テレビ!
  • イベントギャラリー95・96「朝まで生殺し」
    • テレビ朝日系列で放送されている政治討論番組。深夜枠で放送されていることからの命名。

暴れん坊将軍
  • ネタバレ注意(CHAPTER2のおしおきムービーのタイトル「暴れん坊少女」
    • 八代将軍、徳川吉宗を主人公とした時代劇。下記の「暴れん坊プリンセス」とのダブルミーニングだと思われる。

暴れん坊天狗
  • 七海の通信簿会話「天狗と自由の女神が…」
    • メルダックから発売されたシューティングゲーム。微妙に卑猥なタイトル、自機が天狗で舞台がアメリカという意味不明な舞台など突っ込み所満載のバカゲー。

暴れん坊プリンセス
  • ネタバレ注意(CHAPTER2のおしおきムービーのタイトル「暴れん坊少女」
    • 2001年に発売されたプレイステーション2用のRPG。
    • ネタバレ注意(主人公ルージュの声優は、おしおき対象である辺古山ペコと同じ三石琴乃

アメリカ横断ウルトラクイズ
  • モノクマのセリフ「学級裁判に行きたいかー!」
    • 日本テレビで放送されていた視聴者参加型のクイズ番組。司会者の決め台詞「ニューヨークへ行きたいかー!」

アルプスの少女ハイジ
  • モノクマ資料室の『モノクマ名言集15』
  • 「あった、乳首があった!」「立った、乳首が立った!」
    • アニメ「アルプスの少女ハイジ」でクララが勇気を出して一歩歩んだ際のハイジのセリフ「クララが立った!」

アルフレッド・ヒッチコック
  • モノミSTAGE3タイトル「ヒッチコック・ヒッチハイク」(ヒッチコック監督作品「鳥」とモノケモノが鳥型なのをかけている)
    • 「サスペンス映画の神様」との呼び声が高い、イギリスの映画監督の名前。

an・an
  • プレゼント105「あんぁんぁあん」
    • an・anは、マガジンハウスが発行する女性週刊誌・ファッション雑誌。

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
  • CHAPTER4タイトル
    • フィリップ・K・ディックが書いたSF小説のタイトル。奇抜なタイトルからパロディの題材に使われることが多い。
    • 同作を元にしたSF映画「ブレードランナー」も有名。

アントン・ウィッキー
  • モノミのセリフ「ハロー!ハヴァナイスデー!」
    • 「Hallo! Have A Nice Day!」という英語から。日本で有名なのはやはりウィッキーさんだろう。

アンパンマン
  • サイレンサー説明文「パンパンパンパンアンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンマンパンパンパン…」
    • よく見ると「パン」の中に「アン」と「マン」が隠れている。

一休さん
  • 澪田の、こめかみあたりに人差し指を当てて考え込むポーズと「ポクポクポク…」というボイス。
    • こめかみに人差し指を当てるのは一休さんの考え事をする時の癖。その際には「ポクポクポク…(一休さんが妙案を思い付くと同時に)チーン!」という効果音が使われる。

イグアナの娘
  • プレゼント「娘のイグアナ」
    • 萩尾望都作の少女漫画。96年に菅野美穂主演でドラマ化されたことでも知られる。

いつも誰かに恋してるッ!
  • ソニアのボイス「ぶっ飛び~」
    • 1990年放送のテレビドラマ。宮沢りえ演じる主人公が驚いた時の決めゼリフ「ぶっ飛び~」は当時流行語となった。

今いくよ・くるよ
  • CHAPTER1・漫才シーンのモノミの衣装
    • ベテラン女性漫才コンビ。今くるよ(太いほう)は、派手なフリルの付いたナイトドレスのような独特の衣装が特徴的。

インシテミル
  • 物語のプロット。密室に集められた主人公達が高額の報酬を得るために殺人を犯していくというもの。殺人が行われた場合、「裁判」を行い「カイケツ」していく。ダンガンロンパ1で各々の部屋にあった武器やマスコット的キャラの存在も同タイトルからヒントを得たと思われる。

楳図かずお
  • 「ギニャアアアアアアアアアアアアア!!」という悲鳴をあげて驚いている左右田和一の顔。
    • 楳図かずおが作品中で描く、恐怖に戦慄する登場人物の表情は色々な漫画等で定番ギャグとして使用されている。

ウェンディーズ
  • 十神白夜のセリフ「ピエロも白ヒゲ眼鏡も赤色のツインテールももれなくだ。」
    • 「赤色のツインテール」はウェンディーズのマスコット、ウェンディーちゃんのこと。

エスパー魔美
  • CHAPTER2・キラキラちゃんのお面
    • 藤子・F・不二雄作の漫画。超能力に目覚めた主人公の中学生・佐倉魔美が能力を使って人助けをする。

エターナルフォースブリザード
  • ネタバレ注意(CHAPTER4学級裁判の田中眼蛇夢の反論カットイン時のセリフ「インフィニティアンリミテッドフレイム」
  • また、田中眼蛇夢の通信簿を全て埋めた時に獲得できるスキル「I.U.F」
    • ニュー速で開発された詠唱呪文。

F-ZERO
  • 七海のセリフ「時間には限りがあるんだよ。エフゼロもタイムアタックが熱いんだよ。」
  • 七海のセリフ「私が知ってる抜け道は、エフゼロのショートカットだけだよ。」
    • 任天堂から発売されたレースゲーム。近未来的な世界観と爽快なスピード感が特徴で、レースゲームのタイムアタックを確立させたソフトとしても名高い。

エルシャダイ
  • モノクマのセリフ「そんな判断で大丈夫か?」
    • 主人公・イーノックの軽装に対して大天使・ルシフェルが口にした「そんな装備で大丈夫か?」というセリフが元ネタ。

美味しんぼ
  • 十神白夜のセリフ「この料理を作ったのは誰だ?」と、それに対する花村輝々のセリフ「美食倶楽部の方ですか…?」
    • 主人公の実父で宿敵でもある男・海原雄山の「このあらいを作ったのは誰だぁっ!!」というセリフから。自らが主催する会員制料亭・美食倶楽部の料理人が作った「鯉のあらい」を見た海原が、微かに煙草のにおいがすることに激怒し厨房へ怒鳴り込んだ際のセリフで、このセリフを元にしたAAが有名。

オズの魔法使い
  • 本編中映画「モノミの魔法使い2.5D」
    • アメリカの名作児童文学。竜巻に巻き込まれて「オズの国」に飛ばされた少女ドロシーが、「脳みそのないカカシ」「心を入れ忘れられたブリキ人形」「臆病なライオン」と共に願いを叶えてもらうため「オズの魔法使い」に会いにゆくお話。

踊る大捜査線
  • ソニア・ネヴァーマインドのセリフ「事件は現場で起きているんじゃない!会議室で起きているんだ…というヤツですね!」
    • 劇場版第1作で、上層部の方針に反発した主人公・青島俊作が無線越しに叫んだ「事件は会議室で起きているんじゃない!現場で起きているんだ!」というセリフから。

驚きももの木20世紀
  • ソニア・ネヴァーマインドのセリフ「驚きモモの木20世紀です…」
    • テレビ朝日系列で1993~99年まで放送されていた本格ドキュメンタリー番組。タイトルは慣用句「驚き桃の木山椒の木」のもじり。

おぼっちゃまくん
  • 澪田唯吹のセリフ「おはヨークシャテリア!」
    • おぼっちゃまくんの主人公がしゃべる「茶魔語」の「おはヨーグルト」から。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない
  • CHAPTER4のマスカットハウス3Fのモノクマ資料室にあるモノクマ日記から。『モノクマ先生の最新著作!俺の妹がこんなに能無しなはずがない』
    • 平凡な男子高校生と実は隠れオタクであった妹の姿を描いた人気ライトノベル。

がきデカ
  • 澪田の向かって左側を両手で指差すポーズ
    • 主に1970年代に連載された山上たつひこ作のギャグ漫画。澪田のポーズは、主人公のボケ役・こまわり君の有名なギャグ「死刑!」が元ネタであろう。

風の中のあいつ
  • ソニア・ネヴァーマインドのセリフ「『振り返れば奴がいる』もそうですけど、やはり『風の中のあいつ』を思い出しますよね。」
    • 作中でも説明される通り、1984年に放送されたトレンディドラマ。「主演の男優とヒロイン役の女性が結婚しちゃった」という話は、渡辺徹と榊原郁恵のこと。

刀語
  • CHAPTER4のモノクマのセリフ「ただし、その頃には、オマエラはバラバラに砕け散っているがな!」
    • 鑢七花の決め台詞「ただしその頃には、あんたは八つ裂きになっているだろうがな」から。鑢七花の声優は左右田和一役の細谷佳正。
      • 余談だが同作には『左右田右衛門左衛門』というキャラクターが登場する。
  • アイランドでモノミがモノクマを倒すときの「ちぇりおー!」
    • とがめの攻撃時の掛け声。正しくは「チェスト!」だが、とがめはこれを間違えて覚えていた。

悲しい色やね
  • CHAPTER1におけるモノクマのセリフ「もちろんやで…人殺しのクロは間違いなく、オマエラの中に潜んでいるんやで。悲しい色やね。」
    • 歌手・上田正樹が1982年に発表して大ヒットした「悲しい色やね」より。

かっぱえびせん
  • プレゼント014「油芋」
  • 説明文の「やめたくない♪とめたくない♪」
    • かっぱえびせんのCMソングは「やめられない♪とまらない♪かっぱえびせん♪」である。

仮面ライダーカブト
  • スキル「クロックアップ」
    • 超高速移動を行う特殊能力。本来はCPUのクロック周波数を上げることを指す和製英語だが、高速移動という点が共通している。

仮面ライダーディケイド
  • モノクマが未来機関を指して言った「世界の破壊者」
    • 主人公である仮面ライダーディケイドは「世界の破壊者」と呼ばれる存在であり、『仮面ライダーディケイド』の最終話のタイトルも「世界の破壊者」となっている。
  • CHAPTER2における「実にいいセリフだが……無意味だな。」というセリフ。
    • 2号ライダー・ディエンドの変身者である海東大樹の兄・純一の「いい台詞だ、感動的だな。……だが無意味だ」というセリフから。

機動戦士ガンダム
  • 田中眼蛇夢自身の名前
  • ソニア・ネヴァーマインドのセリフ「ソニア、いっきまーーーーす!!」
    • アムロ・レイのセリフ「アムロ、行きます!」から。
  • CHAPTER4学級裁判中のモノクマのセリフ「ヒトとは違うのだよ、ヒトとは!」
    • グフに搭乗したランバ・ラルの「ザクとは違うのだよ!ザクとは!」から。
  • モノクマのセリフ「その三位一体のジェットでストリームなアタックが…」
  • ダンガンロンパIFのモノクマのセリフ「悲しいけどこれ現実なのよね」「人生っていうのは、必ずしも教科書通りには行かないんだ……悲しいけどこれ恋愛なのよね」
    • スレッガー中尉の名言「悲しいけどこれ戦争なのよね」から。
  • ネタバレ(田中眼蛇夢のおしおきタイトル。ガンダム大地に堕つ。)

機動武闘伝Gガンダム
  • ダンガンロンパIFのモノクマのセリフ「苗木誠、暁に死す。」
    • 第45話のサブタイトル「さらば師匠!マスター・アジア、暁に死す」より。

君に届け
  • 澪田唯吹のライブ曲「君にも届け!」
    • 別冊マーガレットで連載されている恋愛系少女漫画。アニメ化もされている。

ギャートルズ
  • ネタバレ注意(CHAPTER1裁判の花村のセリフ、「ぎゃーとるずんずんだっぽりべー!」
    • 園山俊二作の原始時代が舞台のギャグ漫画。アニメ版『はじめ人間ギャートルズ』『はじめ人間ゴン』が有名で、「マンモス」「骨付き肉」「石の貨幣」など原始時代のイメージを定着させた。

逆転裁判
  • 澪田唯吹のセリフ「なるほどクンも仰天の奇想天外なアイデアっす」
    • 法廷ものを題材とした推理ゲーム。主人公である弁護士、成歩堂龍一のあだ名が「なるほどくん」

救命病棟24時
  • モノクマのセリフ「至急!この患者をモノクマ救命センター24時に搬送します!」
    • フジテレビで放送されているシリーズ物医療ドラマ。

金田一少年の事件簿
  • モノクマのセリフ「ジッチャンの棚にかけて」からの一連のボケ。
    • 推理漫画。主人公・金田一一の決めゼリフ「ジッチャンの名にかけて」より。

ギャグマンガ日和
  • 田中眼蛇夢のセリフ「だが、ヤツは四天王の中でも最弱…人間如きに負けるとはモノケモノの面汚しめ…」
    • 漫画『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』の劇中劇・ソードマスターヤマトより。

君の瞳をタイホする!
  • ソニア、通信簿会話のセリフ「えぇ、『君の瞳をタイホする!』は幾度見返したかわかりません!」
    • 1988年放送、警察を舞台としたトレンディドラマ。ソニアの「スペイン坂を走った」というセリフは、オープニングで主演の陣内孝則がスペイン坂を走るシーンから。

金鳥(大日本除虫菊株式会社)
  • ソニア・ネヴァーマインドのセリフ「に、日本の夏…き、緊張の夏…!」
    • 金鳥蚊取り線香のキャッチフレーズ「金鳥の夏、日本の夏」より。

クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!
  • ネタバレ注意(CHAPTER6の黒幕の台詞「さぁ、みんなで考えようー!」
    • 90年代におけるクイズ番組ブームの火付け役のひとつとなった人気クイズ番組。上記の台詞は、司会の逸見政孝らがシンキングタイムの前に言う定番セリフ。

くそみそテクニック
  • CHAPTER1裁判チュートリアルのセリフ「すごく…大きいです…」
  • CHAPTER1裁判の花村のセリフ、「やらないかー!やらないかー!」}
    • 山川純一が男性同性愛者誌で描いた漫画で、有り体に言えばホモ漫画。21世紀に入って主にネットで内容がネタにされるようになり、現在ではホモネタの代表格となっている。

クラフトワーク
  • スキル「クラフトワーク」
    • ドイツの電子音楽グループ。漫画「ジョジョの奇妙な冒険」にも同名のスタンドが登場。

グルーヴ地獄V
  • 七海のセリフ「ボールペン工場でキャップをはめるだけのゲームとか…ひよこの雄雌をひたすら見分けるゲームとか…」
    • グルーヴ地獄Vは自ら「ゲームジャンル:クソゲー」を名乗る、テクノユニット・電気グルーヴがプロデュースしたミニゲーム集。前者は「ボールペン工場」、後者は「ひよこ鑑定」のことを指している。

クロサギ
  • プレゼント045「黒ウサギ読本」
    • 『クロサギ』は、詐欺師のみを騙す詐欺師(通称クロサギ)を主人公とした漫画である。

けいおん!
  • 登場人物「澪田唯吹」
    • メインキャラクターである「秋山澪」「田井中律」「平沢唯」「琴吹紬」の4人の名前から一文字ずつとられている。
      • 余談だが、メインキャラクターの一人「秋山澪」の声優は、前作「ダンガンロンパ」のキャラクター、霧切響子を演じた日笠陽子
  • 澪田唯吹が所属していたバンド「放課後ボヨヨンアワー」
    • 軽音部のバンド名「放課後ティータイム」から。
  • 澪田唯吹のセリフ「ご飯をおかずにして、ハンバーガーをモリモリ食べるっす!」
    • けいおん!!の劇中歌「ごはんはおかず」が元ネタだと思われる。
  • 澪田唯吹のセリフ「その為には放課後にみんなでケーキを食べたりするのが何より大事なんすよー!」
  • 澪田唯吹のセリフ「曲名は…『いっ、ちがばんばんいっぱい!』」
    • 映画けいおん!のOP「いちばんいっぱい」が元ネタ。

ゲームセンターあらし
  • 黒幕のグラフィックのひとつ。
    • 出っ歯を持つ特徴的な顔が主人公・石野あらしに酷似。

ゲームは一日一時間
  • 4章で時計の時間が何時間ずれていた?で1時間を選択すると七海が言うセリフ「ゲームは1日1時間!という名人の名言の話じゃなくて、私達のずらされた時間の話だよ?」
    • 16連打などで知られるファミコン名人・高橋名人の名言。

GetBackers -奪還屋-
  • 田中眼蛇夢のセリフ「ちょうど一分くらいか…いい悪夢は見れたかな?」
    • 主人公・美堂蛮の邪眼が元ネタだと思われる
  • 田中眼蛇夢のセリフ「あれはモノクマの邪眼が見せた幻影…だったと?」

ケンタッキー
  • 十神白夜のセリフ「ピエロも白ヒゲ眼鏡も赤色のツインテールももれなくだ。」
    • 「白ヒゲ眼鏡」はケンタッキーの創業者、カーネル・サンダースのことである。

攻殻機動隊
  • ネタバレ注意(CHAPTER6パニックトークアクションの黒幕の台詞「眼を閉じ 耳を塞ぎ 口をつぐめ」
    • 草薙素子のセリフ「世の中に不満があるなら自分を変えろ。それが嫌なら耳と目を閉じ口を噤んで孤独に暮らせ。」
    • また、前作の山田のセリフ「…と僕のゴーストが囁いておりますぞ!」に引き続き、モノクマのセリフに「ゴーストが囁いちゃったの?」がある。

ゴルゴ13
  • ダンガンロンパIFのモノクマのセリフ「大人はそのまま、子供はBボタンだよ」
    • FC版ゲーム第一作『ゴルゴ13 第一章神々の黄昏』のセリフ。女性の裸体と性行為を想起させるシーンが表示される前に「こどもはBボタンをおしてね」とメッセージが出て、Bボタンを押すことでそのシーンが飛ばせることで知られる。

God of War
  • ネタバレ注意(CHAPTER6の黒幕の台詞「ゴッド・オブ・ウォーとか」
  • ネタバレ注意(CHAPTER6のおしおきムービー
    • SCEの『God of Warシリーズ』より。巨大なボス敵等迫力ある戦闘シーンが特徴のアクションゲーム。
      • 作風もジャンルもダンガンロンパとは異なるゲームだが、最終盤で主人公を駆り立てていたのは単なる復讐心ではなく、実は希望の力だったと分かるなど、ロンパ1の主人公苗木誠と妙な接点がある。

SAGA2 秘宝伝説
  • プレゼント088「七支刀」、及び説明文「島で発掘された"はにわ"」「使用回数は切れている」
    • いわゆる「サガシリーズ」の2作目にあたるRPG。「七支刀」は"はにわ"というモンスターがドロップするアイテムで、使用回数制限がある。

佐川急便
  • CHAPTER1のとある設問にて「超高校級の運送屋」を選択。「つまり、狛枝くんの下着は、赤いふんどしで決まりかな!」
    • 運送会社・佐川急便のイメージイラストには、長らく赤ふんどしを履いた飛脚が使われていた。(現在は現代的な配達員のイラストに変更されている)

魁!!男塾
  • 弐大のセリフ「…バイ・大針書房」
    • 作中に出てくる架空の出版社「民明書房」が元ネタ。破天荒な武術や修行法が登場した際に引用され、もっともらしいエピソードや用語などを用いてリアリティのある解説をするのが特徴。

サザエさん
  • モノクマのセリフ「…んがんぐっ!」
    • サザエさんの次回予告といえば「ラストでサザエさんが視聴者とじゃんけんをする」というイメージが強いが、初期の次回予告は「ラストでサザエさんがお菓子を喉に詰まらせてコミカルなうめき声をあげる」というものだった。その際の声が「んがんぐ(もしくは「んがぐぐ」)」

サトウのご飯
  • 澪田唯吹のセリフ「ご飯が好きなあのサトウさんすか!?」
    • サトウ食品の主力商品である、インスタントご飯。

サマーカーニバル'92 烈火
  • 魔法少女ミラクル★モノミアイテム「サマーカーニバル」
    • ファミコンで発売されたシューティングゲーム。「サマーカーニバル」とは、元々は発売元のナグザットが主催していたゲーム大会の名前。

THE MOMOTAROH
  • 終里赤音のスキル「桃色筋肉」
    • 柔道に向いてる白色筋肉とキックボクシングなどに向いている赤色筋肉の両方を兼ね備える桃色筋肉を主人公モモタロウが持っている。遅筋(赤)速筋(白)中間筋(桃色やピンクと呼ばれる)
  • 澪田のセリフ「フッフッフッ… フが4つ…」

さよなら絶望先生
  • 本作のサブタイトル。

戯言シリーズ
  • 田中眼蛇夢のセリフ「『何か反論があるって事か?』…フン、いいセリフだな。」
    • 西東天の、相手の台詞を反復する口癖。

シックス・センス
  • プレゼント038「疾駆守扇子」

邪気眼
  • 田中眼蛇夢のセリフ「し…静まれ…俺の邪気腕よ…!」
    • 「自分で考えた(痛々しい)想像上の設定を、現実のように語って周りを引かせる」行為の代名詞的存在。2ちゃんねるにおける、中学生時代に『邪気眼(第三の眼という設定)』に関する設定を作って演じていたことを告白する内容の書き込みが元ネタ。

ジャバウォック
  • ゲームの舞台「ジャバウォック島」と、施設「ジャバウォック公園」
    • ルイス・キャロルの小説『鏡の国のアリス』の作中詩「ジャバウォックの詩」に登場する正体不明の怪物。

シュタインズゲート
  • ダンガンロンパIFにて「人はそう簡単に世界線を越える事はできない」 「ダイバージェンス・イフ」という言葉が登場。
    • 「世界線」という言葉自体は相対性理論において使われる用語だが、「四次元時空の中である粒子が動く経路」という狭義の意味を持つその言葉を、平行世界を表す言葉として使用した有名な作品が『シュタインズゲート』である。
      • 同作における「世界線」は「より合わされた糸のように過去から未来へ続くもの」と表現されており、世界線を越えて別の世界線に移動するような重大な改変を行わない限り、重要な出来事はどのような過程を辿ろうとも同じ結果に収束する(『ダンガンロンパ』で例えるなら、世界線を越えない規模の歴史改変では、被害者・加害者が変わることはあってもコロシアイが起きるという結果は変わらないということ)。
    • 「ダイバージェンス」は直訳すると「分岐」などの意味になるが、『シュタインズゲート』では過去へ送信することのできるメールが世界に与えた影響(変化)を表す数値を「ダイバージェンス(世界線変動率)」と呼んでいる。
  • CHAPTER3で登場する電気街では携帯電話コーナーになぜか電子レンジがあり、その付近に七海が立っている。
    • 『シュタインズゲート』には携帯電話で電子レンジの操作を可能にした「電話レンジ」が重要アイテムとして登場し、ヒロインの1人、椎名まゆりを七海役の花澤香菜が演じている。
  • CHAPTER6の黒幕のセリフ「夢が広がりまくりすてぃーな!」
    • ヒロインの1人、牧瀬紅莉栖の呼び名の一つに、「クリスティーナ」がある。

少女革命ウテナ
  • モノクマのセリフ「かしらんかしらん? 何かしらん?」
    • 物語の随所に演出として登場する影絵少女A子とB子の「かしらかしら、ご存知かしら?」というセリフから。

少年誌
  • 田中眼蛇夢の破壊神暗黒四天王(ハムスター)「サンD」「ジャンP」「マガG」「チャンP」
    • 週刊少年誌「サンデー」「ジャンプ」「マガジン」「チャンピオン」

ジョジョの奇妙な冒険
  • 花村輝々のセリフ「確か、終里さんは人の汗を舐めるとその人がウソをついているかわかるんだったね…」
    • 第5部に登場するブチャラティの台詞
  • 左右田和一のセリフ「シビれるほど憧れるゥ!燃え尽きるほどハートが震えるゥ!」
  • CHAPTER3でモノクマがモノミを殴るシーン。モノミのセリフ「自分でも何をされたかわからねーが、奇妙な生命のパワーを感じるぅぅぅぅぅぅッ!!」
    • 岸部露伴のスタンド「ヘブンズドアー(天国への扉)」
  • CHAPTER5でモノクマがモノミを殴るシーン。モノクマのセリフ「おらおらおらおらおらおらおらおらおら!」モノミのセリフ「やれやれな逆ギレっぷりでちゅー!」
    • 空条承太郎のスタンド「スタープラチナ(星の白金)」
  • ネタバレ注意(CHAPTER6の黒幕の台詞「こんな誰にもできない非人道的な行為を平然とやってのけるなんて…そこにシビれて憧れちゃうゥゥゥゥゥッ!!」
  • ダンガンロンパIFの腐川冬子のセリフ「だが断るッ!」
    • ジョジョ第4部での岸部露伴のセリフ「だが断る」
  • モノミSECRETSTAGEタイトル「終わりのないのが終わり」
    • ジョジョ第5部でのジョルノのセリフ
  • プレゼント055「Mrホチキス」
    • ジョジョ第5部で応急処置に使用。説明文はナランチャのセリフ「でもマンガ本閉じるみてーにちゃんと止まってらァーッ」
  • プレゼント089「神の砂の嵐の角」
    • ジョジョ第2部に登場するワムウは額の角で周囲の風を読む。必殺技は「神砂嵐」

仁義なき戦い
  • プレゼント074「戦いなき仁義」
    • 70年代に人気を博したヤクザ映画。リアリティを重視した悪者としてのヤクザを描き、ヤクザ映画に革命を起こした。

真珠の耳飾りの少女
  • プレゼント093「クマの髪飾りの少女」
    • 17世紀に描かれたオランダの画家・フェルメールの代表作。

新造人間キャシャーン
  • ネタバレ注意(CHAPTER1裁判の花村のセリフ、「きゃしゃーんてべれすとらんだぎゃぐっちゃりへぼんが」
    • タツノコプロ製作の70年代アニメ。人間を捨て「新造人間」となった主人公・東鉄也と人間を排除しようとするロボット軍団との戦いを描く。

スーパーマン
  • 澪田、通信簿会話のセリフ「あったりまえだのクラークケントっすよ!」
    • アメリカンコミックを代表する、世界で最も有名なヒーロー。「クラーク・ケント」は、地球人の育て親に付けられた新聞記者としての世を忍ぶ仮の名前。

涼宮ハルヒの憂鬱
  • 魔法少女ミラクル★モノミアイテム「憂鬱のリボン」
    • 「つけると傍若無人な性格になる」の説明は、ヒロインの涼宮ハルヒにちなんだもの。ハルヒは退屈を嫌い傍若無人な態度で周囲を振り回す少女で、髪につけたカチューシャ状の黄色いリボンがトレードマーク。
      • アニメ版では、ハルヒを後述の平野綾、語り手であるキョンを田中役の杉田智和が演じている。

スチュワーデス物語
  • 罪木のセリフ「私みたいなドジでノロマなカメが…」
    • 1983~84年に放映された堀ちえみ主演の人気テレビドラマ。「私はドジでノロマなカメです!」というセリフが当時流行語になった。

ストリートファイターシリーズ
  • ミラクルモノミのボスケモノ(ヒト)の攻撃。
    • 豪鬼の技「瞬獄殺」のパロディ。画面が暗転し、「天」の漢字が現れるという演出がある。

スプリガンシリーズ
  • 魔法少女ミラクル★モノミアイテム「バーソロミュー」
    • 1作目のタイトルが『精霊戦士スプリガン』であり、2作目のスプリガンmark2で主人公が月面の戦いで初期機体「バーソロミュー」から新型機「スプリガンmark2」に乗り換える。

スペースインベーダー
  • ネタバレ注意(CHAPTER5のお仕置きムービー

聖闘士星矢
  • 十神白夜が自由行動イベントで語る「黄金(ゴールド)・白銀(シルバー)・青銅(ブロンズ)の3つにランク分けされた108人の兄弟が十神家の後継者争いをした」という設定。
  • モノクマドS流星拳
  • CHAPTER2のモノミのセリフ「音速を超える流星のようなラッシュは…」モノクマ「ペガサスのファンタジーのようなラッシュで…」
    • ペガサス流星拳

ZETMAN
  • CHAPTER2でのある人物のセリフ、「正義完了!」
    • 天城高雅の「正義執行!」

蒼穹紅蓮隊
  • 魔法少女ミラクル★モノミアイテム「尽星の杖」
    • 主役機の所属している企業の名が「尽星」

SEIYU
  • CHAPTER4のマスカットハウス3Fのモノクマ資料室に

想田和弘
  • そうだかずひろ。日本の映画監督。
    • 超高校級のメカニック左右田和一の名前のもじり元。「左右田」の当て字の由来は公式設定資料集に解説がある。

卒業
  • モノクマ資料室の『モノクマ名言集4』のセリフ「行儀よく真面目なんてできやしなかった」
    • 尾崎豊の「卒業」の歌詞

ゾマホン・ルフィン
  • ネタバレ注意(CHAPTER1裁判の花村のセリフ、「ぞまほんぞまほんわぎゃんらんどっ!」
    • ベナン出身のタレント・文化人。番組『ここがヘンだよ日本人』に出演した縁でビートたけしに拾われ、現在はベナン国大使として活躍中。

大改造!!劇的ビフォーアフター
  • モノクマのセリフ「とても大変でしたが…"サイコポップの魔術師"の異名を持つ僕の手腕によって…なんという事でしょう!こんな素敵なビフォーアフターが完成したのです!」
  • CHAPTER4の学級裁判でのモノミの台詞「な、なんということでしょう!」
    • 番組には"○○の魔術師"という異名を持つ『匠』がよく登場することから。「なんという~」は、番組内のナレーションのお馴染みの台詞。

Dies Irae
  • ネタバレ注意(田中のパニックトークアクション時のセリフ、「エイメン」「ダビテの予言のごとくに砕け散れ」「枯れ落ちろ」「死骸を晒せ」
    • 詠唱時のセリフの一部。

ダイの大冒険
  • プレゼント031「破邪のピアス」
    • 登場人物アバン=デ=ジニュアール3世の発明したアイテム、ゴールドフェザー・シルバーフェザーから。両アイテムは「破邪の洞窟」に製法が眠っていた

太陽戦隊サンバルカン
  • ネタバレ注意(辺古山のセリフ「正義がこの世から消えるようなことがあれば…たちまち世界は凍りつき、人々からは微笑みが消えてしまうだろう…」
    • OP曲の歌詞「太陽がもしもなかったら地球はたちまち凍りつく」「人はほほえみなくすだろう」

太陽にほえろ!
  • プレゼント021「純色ジーパン」
    • 700話以上の放映数を誇った日本の本格刑事ドラマの草分け的存在。松田優作演じる通称「ジーパン刑事」の殉職シーンは名高い。

タクティクスオウガ
  • 魔法少女ミラクル★モノミSTAGE1タイトル「あちしにその手を汚せというのか」
    • 第一章のタイトルが「僕にその手を汚せというのか」

闘将!!拉麺男
  • 名前「田中眼蛇夢」
    • 漫画『キン肉マン』のサブキャラ、ラーメンマンを主人公にしたスピンオフ作品。「毒狼拳蛾蛇虫」(どくろけんがんだむ)というキャラクターが出てくる。

TATSUJIN
  • 魔法少女ミラクル★モノミアイテム「達人の杖」
  • 東亜プラン製作のSTG、巨大なドクロ状の爆炎を起こす達人ボムがある。

谷岡ヤスジ
  • ソニア、通信簿会話のセリフ「鼻血ブー、ですよ!」
    • 1970-80年代を中心に活躍した漫画家で、当時は赤塚不二夫と並び称された大物。「鼻血ブー」は、漫画『ヤスジのメッタメタガキ道講座』から生まれた流行語。

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
  • プレゼント091「戦刃ナイフ」
  • プレゼント093「クマの髪飾りの少女」
    • そこに描かれている人物が江ノ島盾子
  • プレゼント104「金箔の模擬刀」
  • プレゼント112「葉隠流水晶」
  • プレゼント110「剣風秘帖・舞園鞘花」
  • プレゼント042「大神宗家の書」
  • 魔法少女ミラクル★モノミアイテム「普通のパンツ」「正統派ホワイト」「ミステリィクルゥズ」「アンティドロワーズ」「覚悟のブリーフ」「キャトルトランクス」「乾坤一擲」「支配者のパンツ」「バヨネットビキニ」
    • 説明文によるとそれぞれ苗木、舞園、霧切、セレス、石丸、葉隠、大神、十神、戦刃のもの。
  • 魔法少女ミラクル★モノミアイテム「版権もののオムツ」の説明文に出てくる「もちもちプリンセス」
  • 魔法少女ミラクル★モノミアイテム「希望杖セブンスシー」:小さき苗より育ちし木。誠に大きな星にならん=苗木誠
  • 魔法少女ミラクル★モノミアイテム「希望髪結オータム」:絶望の霧、切り払いて、世界に響きし子の産声=霧切響子
  • 魔法少女ミラクル★モノミアイテム「希望布巻サウザント」:十柱の神々、絶望を収め、百なる夜を導かん=十神白夜
    • 漢字をそのまま拾うと「白夜」ではなく「百夜」になってしまうが、百なる夜を導く=現在は九十九夜目と考えれば、九十九歳の祝いを白寿と呼ぶ要領で「白夜」と解釈できる。
  • CHAPTER1の学級裁判序盤のモノクマのセリフ「なんだかそれっぽくなってきましたね」
    • ダンガンロンパ1のCHAPTER1の学級裁判序盤の山田のセリフ「なんだか…それっぽくなってきましたな…」に酷似。
  • CHAPTER1の学級裁判中断中のモノミのセリフ「ひゃっくおっくえん!?」
    • CHAPTER3の(非)日常編のモノクマのセリフ「ひゃっくおっくえーーん」
  • CHAPTER4のマスカットハウス1Fにある銅像「OGRE」
    • 大神さくらの像
  • CHAPTER5のクライマックス推理「右手のナイフで先制攻撃だべ!」
    • 葉隠の台詞「模擬刀の先制攻撃だべ!」

ダンガンロンパ/ゼロ
  • プレゼント090「記憶ノート」
    • 中心人物・音無涼子が持っている『音無涼子の記憶ノート』のこと。涼子は記憶能力を失っており、ノートに書き留めた備忘録から記憶を辿っている。
  • プレゼント013「菓子パン袋」
    • 神代優兎が持っていた菓子パン袋と同じもの。優兎はここに様々な種類の菓子パンを入れて、当たり外れを楽しんでいる。

ダンシングアイ
  • 七海の通信簿会話「踊らないかな?ダンシングアイみたいに」
    • ナムコから発売された3Dアクションゲーム。本来女の子を剥いで脱がすゲームなのだが、一部の非セクシー面の中に、牛乳瓶を剥いで牛を出すステージがある。

男女7人夏物語(同:~秋物語)
  • ソニア、通信簿会話のセリフ「だってこの状況はまさに、『男女7人物語』的なノリです!」
    • 1986年放送のテレビドラマ。トレンディドラマの草分け的存在で、主演の明石屋さんま・大竹しのぶが後に結婚するきっかけとなった作品でもある。

探偵 神宮寺三郎シリーズ
  • 七海のセリフ「…って、神宮寺三郎も言ってたと思うよ。」
    • 作品数16作を誇る推理アドベンチャーゲームシリーズ。当初製作していたデータイーストの倒産後も、開発や販売会社を変えて現在も製作が続いている。
    • ちなみに、本作(ダンガンロンパ)のシナリオライターである小高和剛は、神宮寺三郎シリーズの携帯アプリでシナリオを複数書いており、ノベライズ版も2作執筆している。

ちあきなおみ
  • ちあきなおみ→なおみちあき→ななみちあき→七海千秋

超絶倫人ベラボーマン
  • 七海のセリフ「軟体人間じゃあるまいし。ベラボーマン…は軟体とは違うか。」
    • ナムコから発売されたアクションゲーム。宇宙人から、身体を自在に伸ばせるヒーロー「ベラボーマン」に変身する力を与えられたサラリーマンを主人公とする。

珍入社員金太郎
  • ダンガンロンパIFのモノクマのセリフ「屋上に行こうぜ……久しぶりにキレちまったよ……」
    • その元ネタである『サラリーマン金太郎』の表記では「屋上へ行こうぜ……ひさしぶりに……きれちまったよ…」

罪と罰
  • CHAPTER2タイトル「海と罰。罪とココナッツ」
    • ドストエフスキー作の長編小説。ロシアを代表する有名文学のひとつである。

ディープインパクト
  • 魔法少女ミラクル★モノミSTAGE4タイトル「荒ぶるディープインパクト」
    • 史上六頭目のクラシック三冠馬となるなど偉業を残した日本の競走馬。STAGE4のボスがモノケモノ(ウマ)であることから。

ディズニーランド
  • ネズミ城
  • CHAPTER4開始時のイントロが「エレクトリカルパレード」のイントロを連想。

DEATH NOTE
  • プレゼント044「KISSノート」
  • 左右田和一のセリフ「こんな妄想が現実な訳ねーだろ!書き込むと人が死ぬノートの存在よりあり得ねー!」
    • 週刊少年ジャンプに連載された少年漫画。名前を書いた人間を殺せるノート「デスノート」を巡る頭脳戦を描く。
  • モノクマのセリフ「ボクは“新世界”の覇者になったのだー!」
    • 主人公、夜神月のセリフ「僕は新世界の神になる」から。

鉄腕アトム
  • ソニアのセリフにあるロボット法。ロボット三原則(ロボット工学三原則)とは異なる。

テトリス
  • ネタバレ注意(CHAPTER5のお仕置きムービー

テニスの王子様
  • 田中のセリフ「俺様の美技に酔いしれるか?」
    • 跡部景吾の名言「俺様の美技に酔いな」から。
  • 田中のセリフ「田中キングダム」
    • 跡部景吾の技「跡部王国(キングダムと読む)」から。

DUEL LOVE
  • ネタバレ注意(CHAPTER3のお仕置きムービー
    • 女性向け恋愛ゲーム(乙女ゲーム)。男性キャラにマッサージをするミニゲーム内で、男性キャラの喘ぎ声が高まっていくシュールな演出(ヘブン状態)が話題となった。

天空の城ラピュタ
  • 魔法少女ミラクル★モノミにおけるモノクマのセリフ「慎みたまえ、君はジャバ王の前にいるのだ!」「ば、バルスゥ!」
    • 前者は『天空の城ラピュタ』を代表する悪役・ムスカ大佐の名言から、後者は有名なラピュタ崩壊の呪文。
  • CHAPTER1、CHAPTER5のモノクマがコテージの鍵を開けるときのセリフ「『ぱっ、ぱっ、ぱるす!!』」

天才バカボン
  • ソニアのボイス「こにゃにゃちわー」
    • 赤塚不二夫作の名作ギャグ漫画。「コニャニャチワ」はバカボンのパパが使う挨拶で、アニメ第2作『元祖天才バカボン』のオープニングにも使われている。

とある科学の超電磁砲
  • 田中の音声「ジャッジメントだ!」
    • 白井黒子のセリフ「ジャッジメントですの!」から。

とある魔術の禁書目録
  • 田中のセリフ「さぁ、すべての殺人幻想をぶち壊す時間だ…!」、「貴様らの幻想まみれの推理をぶち殺す!!」
    • 上条当麻のセリフ「その幻想をぶち殺す」から。ただし他にも混ざっているようだ。

東京魔人学園剣風帖
  • プレゼント110「剣風秘帖・舞園鞘花」
    • 前作『ダンガンロンパ』のキャラである舞園さやかが、このゲームのキャラと名前が完全にかぶっていたことをネタにした後付けパロディ。

東進ハイスクール
  • モノクマのセリフ「じゃあ、いつやるの…今でしょ!」
    • 予備校・東進ハイスクールのCM「じゃあ、いつやるか…今でしょ!」から。

ときめきメモリアル
  • 七海千秋のセリフ「伝説の木ってどこにあるんだろう…」
    • コナミから発売された恋愛シミュレーションゲーム。「伝説の樹」の下でクラスメイトに告白される(する)ことでエンディングとなる。

特製エスビーカレー
  • ソニアのセリフ「えぇ、モノクマさんのイカしたセンスには、インド人もびっくりですね」
    • 1964年に放送されたS&BのCMから。

となりのトトロ
  • 澪田のセリフ「たはー!ブラックっすねー!まっくろくろくろくろすけっすー!」
    • スタジオジブリ映画の代表作。「まっくろくろすけ」は、すすのような生き物「ススワタリ」の作中で呼ばれる通称。

ドニー・ダーコ
  • 魔法少女ミラクル★モノミにおけるアイテム「銀兎のリボン」
    • 時間の巻き戻りを題材にしたアメリカ映画。銀色の兎がシンボルになっている。

賭博黙示録カイジ
  • プレゼント077「懐紙"十幕目詩録"」
    • 福本伸行作のギャンブル漫画。数々の単純にして奇抜なギャンブルを生み出し、氏の代表作となった。

ドラえもん
  • モノクマのセリフ「まったく…どこぞのロボットは、妹の方が優秀だって聞くんだけどな…」
    • ドラえもんの妹であるドラミは良質なオイルが使われており、ドラえもんより優秀な能力を持つという設定がある。
  • モノミのセリフ「あちし、ネズミだけはダメなんでちゅよー」
    • ドラえもんは猫型ロボットでありながら猫耳らしきものがないが、これはネズミに齧られて両耳を欠損してしまったためであり、それ以来ネズミを見ると錯乱するほどのネズミ嫌いになっている。
  • 終里赤音のセリフ「オメーのモンはオレのモンだろ?」
    • 「ジャイアニズム」とも呼ばれるジャイアンの有名なセリフ「お前のものは俺のもの、俺のものも俺のもの」より。
  • 花村輝々のセリフ「ありがとう日向くん、我が心の友よ…!」
    • ジャイアンがのび太に助けられるなどして感動した際のセリフ「心の友よ!」より。
  • モノクマのセリフ「モノミは本当にバカデブスだな!」
    • ドラえもんのセリフ「きみはじつにばかだな」からか?
  • モノクマのセリフ「分かったやめろって、俺の負けでいいよ」に対するモノミのセリフ「みんなが安心して帰れないでちゅ!」
    • 『さようなら、ドラえもん(アニメ版は『帰ってきたドラえもん』)』で、未来へ帰ってしまうドラえもんを安心させる為にのび太がジャイアンに勝負を挑む名シーンから。
  • イベント「モノクマドS閃」内の文字「パンナコッタいいなできたていいな」
    • OP曲『ドラえもんの歌』の歌詞「こんなこといいなできたらいいな」
  • 1章裁判中に肉を喰うモノクマのセリフは、ドラえもん1話でおモチを食べた時のリアクションと同じ「なに、これ? うまいもんだなあ」
  • プレゼント035「風呂敷バッグ」説明文の注意書きはドラえもんの秘密道具「タイム風呂敷」
  • ソニアとの自由行動時1回目での会話でソニアの出身の国名を聞かれる時の選択肢「ノビタリック王国」また、それを選んだ際のソニアのセリフ「まぁ…それは、なんだか…うだつのあがらない怠け者のいじめられっ子みたいな名前ですわね…」
  • モノクマのセリフ「それに…ボクらの目は前に進む為に前に付いているんだしね!」
    • のび太の先生のセリフ「目が前についてるのはなぜだと思う?前へ前へと進むためだ!」(『ジ~ンと感動する話』より)
  • モノクマのセリフ「そう、あのクローゼットには、どこにでも通じるドアが隠されてて…」
    • ドラえもんのひみつ道具「どこでもドア」

ドラゴンクエスト
  • モノクマのセリフ「へんじがないただのしかばねのようだ」
    • 死体を調べた際に表示される定番メッセージ。
  • モノクマのセリフ「ひなたはそにあをよんだ。しかしなにもおこらなかった。」
    • 戦闘中に敵モンスターが行ういわゆる「仲間呼び」行為が失敗したときの定番メッセージ。
  • CHAPTER6のモノクマのセリフ「ラスボス戦と言ったら変身がつきものでしょ?(中略)ほら、例のゲームの事だよ。ドラゴン…(ボイスでは「ドラゴンクエ…」まで)」
    • ラスボスにはいわゆる「第二形態」「最終形態」などが用意されていることが多い。

ドラゴンボール
  • 終里赤音のセリフ「それにしても…この世にはツエーヤツらがたっくさんいるんだな」
  • 終里赤音のセリフ「へへっ…けどワクワクすんな…あんなツエーヤツがいたなんてなぁ…!」
  • 終里赤音のセリフ「いいかっ!頭空っぽの方が夢詰め込めんだぞ!」
    • OP曲『CHA-LA HEAD-CHA-LA』の歌詞「頭空っぽの方が夢詰め込める」より
  • 終里赤音のセリフ「弐大の事かーーーーーッ!」
    • 悟空の有名な台詞「クリリンの事かーーーーーッ!」より
  • 終里赤音のセリフ「オレの体よ、もってくれーッ!パワー3倍だぁーーーーッ!!」
  • 終里赤音のセリフ「どっかに、天まで届く塔とかツエーヤツを封じた電子ジャーがあるかもしんねーな!」
  • 終里赤音のセリフ「この世はでっけぇ宝島だぜ!」
    • OP曲『摩訶不思議アドベンチャー!』の歌詞「この世はでっかい宝島」より
  • 終里赤音のセリフ「後、ぱふぱふとかもしてねぇぞ?」
    • 「女性の乳房で男性の顔を挟み、圧迫する」というフェチズム的な性行為。「ドラクエが先かドラゴンボールが先か」と議論になるが、実際にはDBでの初登場の方が?の発売より1年ほど早く、 漫画『ドラゴンボール』でブルマ(に化けたウーロン)が行ったものが初出である。
  • 終里赤音のセリフ「あと、猿に変身するくらいだったらいいぜ!宇宙から来た最強生物とか緑色の大魔王とか!
  • 終里赤音のセリフ「パンティパンティってうるせぇブタ」
    • ウーロンは世界を救った「ギャルのパンティおくれ!!」
  • 弐大猫丸のセリフ「な、情けない話じゃのぉ…弐大猫丸ともあろう…者が…たった一発のバズーカ―如きで…最低じゃあ…へ…へへ……」「終里よ…お、お前さんといた数日…わ…悪くなかったぞぉ…」「死ぬ…なよ……終里……」
    • 悟飯をかばったピッコロが死ぬ間際に悟飯に向けて言った台詞
  • 澪田唯吹のセリフ「宙(ソラ)に消えてった汚い花火だぜ!」
  • 魔法少女ミラクル★モノミでのモノミの音声「頭がおるすでちゅ」
  • 魔法少女ミラクル★モノミでのモノミの音声「はじけてまざりまちゅ!」
    • 気の球を使って人工満月を作り出す技・パワーボールを使用する際の「弾けて混ざれ!」という掛け声から。
  • ネタバレ注意(CHAPTER5のモノミのパニックトークアクション「きえてなくなれぇぇー!」(また↑の「はじけてまざりまちゅ!」もPTAに使用されている。))

トリオ・ザ・パンチ
  • 七海千秋のセリフ「あのね…『トリオ・ザ・パンチ』な夢だった」
    • データイーストより発売されたアーケードゲーム。横スクロールのアクションゲームで、理解困難なまでに奇抜な世界観・演出・構成を持つバカゲーとして知られる。
    • 七海が言う「どじょう髭の禿げたおっさん」とは、同作のザコキャラやボスとして頻繁に登場する『カルノフ』からのゲストキャラクター、カルノフのこと。1面のボスとして、このカルノフをもとにした像と戦うことになる。
    • 同じく「私たちみんな羊になっちゃうかも」というのは、5面のボスである羊を倒すと呪われてしまい、6面は羊の姿で戦うことになるという同作の仕様から。

トリック
  • モノミのセリフ「ドンとこい、脱出ゲーム!」
    • 上田次郎の著書「ドンとこい超常現象」から

Train-Train
  • CHAPTER4のビックリハウスへのモノクマアナウンス「栄光に向かって走るこの列車に乗って~」
    • THE BLUE HEARTSの名曲「Train-Train」の歌詞から。

トワイライトシンドローム
  • トワイライトシンドローム殺人事件。
    • ヒューマン及びスパイクから発売されたゲーム。

中森明菜
  • ウサミの自己紹介「ちょっぴりスイートなミルキーッ娘」
    • 80年代アイドル歌手。キャッチフレーズは「ちょっとエッチな美新人娘(ミルキーっこ)」。

なるほど!ザ・ワールド
  • ソニアの音声「なるほど!ザ・ワールド」
    • 世界の紀行をテーマにしたクイズ番組。80年代~90年代前半にかけて人気を博した。

南国少年パプワくん
  • 終里のセリフ「ニコニコ島だかパプワ島だか」
    • 柴田亜美作の漫画作品。殺し屋を裏切った青年シンタローが、少年パプワ達が住むパプワ島に流れ着くところから物語は始まる。

にこにこぷん
  • 終里のセリフ「ニコニコ島だかパプワ島だか」
    • NHK教育のこども番組『おかあさんといっしょ』内での着ぐるみ人形劇。1982~92年までの作品で、放映年数が長く知名度は高い。ニコニコ島は作品の舞台。

NIRVANA
  • ソニア・ネヴァーマインドと彼女の出身国「ノヴォセリック王国」
    • アメリカのロックバンド。ベーシストの名前は「クリス・ノヴォセリック」。アルバム「ネヴァーマインド」は世界的大ヒットとなった。

ネオジオ
  • 七海のセリフ「日向くんまで話を聞いてくれないなんて…これはもう100メガショックだね。」
    • SNKから開発されたゲーム機。「100メガショック」は、容量100メガビット以上のカートリッジを売りにしたキャッチコピー。

ねこぢる
  • CHAPTER6のセリフ「トンカツになった母親を夕食に出された子豚みたいな顔をしているヤツにね…」
    • ねこぢるの漫画作品『にわとり』では、主人公にゃーこの父が鶏夫婦を殺し、肉を親子丼にしたものをその鶏の息子ぴーたろうくんに食べさせる。食べている途中で肉の正体に気付いたぴーたろうくんは、愕然とした表情を浮かべる。
    • 同作者の作品『かちく』も似た展開だが、こちらは豚のお兄ちゃんの肉で作ったトンカツをその弟に食べさせるというもの。

  • 最終更新:2016-07-05 16:41:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード